iMovieのタイトルの文字が消えてしまう場合の解決策

Macに標準で搭載されている動画編集ソフトのiMovieは、市販されている高価な動画編集ソフトに比べて決して沢山の事ができるわけではありません。ただ、私のように撮影した動画を切り抜いて繋げたり、文字を入れてアプロードする程度なら余計な機能がない分スムーズな編集作業が可能で、私は非常に気に入っているAppleのアプリケーションの一つです。

既知の不具合

ですが、そのiMovieにはタイトルに文字を入力した後に、初期化されて消えてしまうという既知の不具合が残されています。動画の編集が終わってから一度iMovieを再起動したり、Youtubeにアップロードすると、タイトルが消えてしまい、デフォルト表示である「タイトルテキスト」が表示されてしまったという経験をされた方が多いのではないでしょうか。この「タイトルテキスト問題」は、タイトルの処理が非常に重たい上に、一文字入力するたびに処理を行っており、重たい処理を複数回行うためにメモリ内でエラーが起きてしまうために発生するそうです。

上記の動画はアップロードしたら「タイトルテキスト」になってしまっていた例です。

どうすればいいの?

この現象が起きないようにするために、タイトルに文字を入力する際は、テキストエディット等で文字を入力してからコピーアンドペーストでタイトルを入力するという方法があります。一文字入れるたびに処理が行われるという仕様上、ペーストで一度に入力してしまえば処理が一度で済むため、エラーが発生しにくくなります。

でも、面倒くさいですよね。それに100%回避できるわけではありません。

私は普通に作成していき、Youtubeにアップロードする前に必ずiMovieを再起動します。その際にエラーが起きているタイトルに入力した文字は消えてしまい、デフォルト表示の「タイトルテキスト」に戻っているはずです。エラーを起こしているタイトルに再び文字を入れなおしても高確率で再現してしまうため、一度そのタイトルを削除した上で再びiMovieを再起動してください。再起動後に改めてタイトルをタイムラインに挿入し、テキストを入力すれば解決できるはずです。

解決策まとめ
  1. 動画の編集を終えたらiMovieを再起動する。
  2. 入力した文字が初期化され「タイトルテキスト」に戻っているタイトルを探す。
  3. 初期化されているタイトルが合った場合、該当のタイトルを削除し再び再起動する。
  4. タイトルを再びドロップした後に文字を入れる。

また、これで解決できない場合は、タイトルを削除した上で再起動した後に、新しいプロジェクトにタイムラインをまるごとコピーアンドペーストしてみてください。タイトルにエラーが発生している段階でYoutubeにアップロードを行うと稀にプロジェクトそのものが破損してしまうため、こまめにiMovieを再起動してエラーが起こらないように心がけると安全ですね。

この方法で解決できた、できなかったなどご報告お待ちしています。

iMovieのタイトルの文字が消えてしまう場合の解決策」への6件のフィードバック

  1. 僕も同じ症状で悩んでいましたが、
    ぐっさんのブログの通りにすると、タイトル現象は無くなり、無事に書きだすことが出来ました。
    ありがとうございますm(_ _)m

  2. かなり困っていたので助かりました!万が一でやり直しが面倒だったので、コピペで100%綺麗に書き出しされました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。