ウエダロッドのレビューとインプレッション

ウエダのロッド名で検索して来られる方が結構いらっしゃるので、私が所有しているロッドについてレビューとインプレッションを書いておきます。

ウエダの解散にともなって、店頭で触ることができなくなってしまいましたので、どなたかの参考になれば幸いです。ウエダ信者じゃない人が見たらきっと気持ち悪い記事ですね。

ウエダロッドの特徴とは

全てのウエダのロッドにおける共通の特徴は軽くて高感度なブランクと、一日中降り続けても疲れを感じにくい優れたロッドバランスです。個人的にウエダのブランクは張りが強いタイプとしなやかなタイプの二つに分類されると考えています。

Pro4やバックウォータースペシャルボロンなどの張りが強いタイプのロッドは尖った性能のものが多く、キャスティング時とやり取りの際の取り扱いには注意が必要ですが、極限まで研ぎ澄まされた感度と操作性は他を寄せ付けない圧倒的な高性能を誇ります。

SPS、CPS、TSS、SSSなどのしなやかなタイプのロッドは一般的なテーパーデザインと違う全体が美しいベンディングカーブを描くブランク、しなやかさから想像できないバッドの粘り強さとやり取りの楽しさが魅力的です。

個別のインプレッションでこれらのことに言及してる場合は、私の所有してる竿の中でも突出している場合に書いています。また、ロッドウェイトはカタログ数値ではなく実測値で記載しました。

所有ウエダロッド一覧

Pro4EX エクストリーム フィネス ボロン XT-610FS
Pro4EX Extreme Finesse BORON Racing Spec.2010 XT-610FS
Length: 6’10” Weight: 48g Line: 1-2.5lb. Lure: Zero-3/16oz.

2014-07-21-01
2014-07-21-02

この竿つくった奴は天才かマジキチのどちらかだと思う。7フィートに近いロッドレングスで50gを切る超軽量級ロッド。主に港湾部でのアジングをメインとしたソルトウォーターライトゲーム用のロッドとして使用。ジグヘッドのアクションも非常につけやすく、わずかな当たりすらも手元に伝える圧倒的な高感度を誇る。ティップはすぐ折れてしまうのではないかと不安になるほど繊細で、小さな魚でもぐにゃりと曲がり、高機能なセンサーのように水中の様子を察知することができる。本来はバスロッドであるためベントカーブの限界は早いが、バットの懐は深くある程度ドラグを締めこみ魚を浮かせることも可能。時間はかかったものの65cmのシーバスも問題なくキャッチできた。

ブラックバスでノーシンカーやダウンショットでスレたバスを釣るのにも最高の竿ではないかと思う。野尻湖での釣行では軽量なダウンショットリグをセットして活用してもらった。

性能では文句のつけようもなく、特にアジングには最適なロッドと考えているが、誰にでも手放しでオススメできるロッドというわけではなく、取り扱いには細心の注意が必要で、特にやり取りの際に必要以上にロッドを立てると、あっという間に破損に繋がりそうな雰囲気である。使いこなせれば最高、でも、間違えると折れてしまう。使うのにはそれなりの覚悟が必要なロッドと言える。


Pro4EX SW レーシング フィネス ボロン FTL-78EX-R(改)
Pro4EX SW Racing Finesse BORON 2010LTD FTL-78EX-R(改)
Length: 7’8″ Weight: 63g Line: 1-2.5lb. Lure: Zero-5/16oz.
横浜ベイエリアにてメバル、カサゴ、アイナメを快適に狙うために購入。XT-610FSでは繊細すぎるためシチュエーションに応じて使い分けている。ティップ部分はソリッドになっていて高感度なセンサーとして機能し、バットはXT-610FSの2倍ほど太く、60cm程度ならシーバスが掛かっても余裕を持って対峙することができる。

レーシングフィネスの名が示す通り、俗にいうパッツン系を極めたようなロッド。徹底した軽量化から振った感触はカチカチなのに、魚をかけると気持ちよく曲がりバラシを少なくしてくれるバランス設計はウエダならではと言える。感度がいいのはいうまでもないが、パッツン系であるのに糸を通した時は素直に曲がるため、ティップでルアーのテンションを感じやすく、食い上げなどのオフのアタリもわかりやすいのが大きな特徴だろう。

横浜ベイエリアで使うには最高なロッドである感じているが、ソリッドティップのため竿を立てての抜き上げは厳禁である。テトラ帯などで使う場合は注意が必要。また、軽量化のため、極端に小さなガイドが付いている影響で港湾部で使いやすい3lbフロロの糸抜けが悪く、ラインセッティングもよく考えなければいけない点などもあり、誰にでも勧められるロッドというわけではない。このロッドも使うのには覚悟が必要な代物だ。


チューンドバックウォーター ボロン トーナメントカスタム BWS-64XT
Tuned Back Water <BORON> Tournament Custom BWS-64XT
Length: 6’4″ Weight: 60g Line: Max. 2lb. Lure: 0.2-1.8gr.

2014-07-21-03
2014-07-21-04

エリアトラウトにおいてマイクロスプーンの巻きを極めたいとの想いから購入したロッド。以前所有していたダイワのプレッソ AGS-LTD 55XULでパワー不足を感じる場面に何度も遭遇し、ウエダでない寂しさも感じたため買い換えるに至った。

扱えるルアーウェイトが1.8gまでと他に類を見ない程の繊細さで、極細ラインと組み合わせてアンダー1gのマイクロスプーンをストレスなく扱うことができる。まさにマイクロスプーンを極めるために作られたロッドといっても過言ではない最高の逸品だ。

ティップからベリーにかけてはこれ以上ないほど繊細で、小型のトラウトでも引きを楽しむことができるが、ドラグを締め込めば細身なブランクからは想像できない程のバッドパワーを誇り、効率よいランディングが可能である。やはりと言うか感度を高めるための最小限の処理しかされてないブランクは取り扱いに細心の注意が必要である。


バックウォータースペシャル ボロン BWS-55T
Back Water Special <BORON> BWS-55T
Length: 5’5″ Weight: 56g Line: 1-4lb. Lure: 0.8-7gr.

2014-07-21-05
2014-07-21-06

釣具屋に勤めてる友人から入荷情報を聞きつけ、冷やかしに見に行ったらなぜかそのまま買ってしまったロッド。主にストリームでのミノーイングに使用。オールマイティーに使うことができてポンドではマイクロスプーンの巻きからクランキング、ストリームではヘビーシンキングミノーのダウンストリームでのトゥイッチングまで出来てしまう万能ロッド

全体的に張りが強いため非常にミノーをトゥイッチしやすく、最低限の処理しかされていないブランクは軽量で凄まじい感度を誇る。ボロンを備えたバッドは十分なパワーがあるが、SSSやTSSと比べるとベンドカーブの限界が早いため、魚をかけた時の楽しさはSSSかTSSに軍配が上がる。しかし、トゥイッチのしやすさやルアーの操作性の良さはこちらの方が圧倒しているだろう。

ネイティブのストリームでのミノーイングには文句なしにオススメできるロッドである。


スーパースティンガーボロン SSS-60Si
Super Stinger BORON SSS-60Si
Length: 6’0″ Weight: 66g Line: 1-2lb. Lure: 0.8-4gr.

2014-07-21-07
2014-07-21-08

バックウォータースペシャルが繊細さの頂点を極めたロッドなら、スーパースティンガーはしなやかさの頂点を極めたロッド。軽量なフローティングミノーのトゥイッチングに特化しており、非常に快適に扱うことができるのはもちろんのこと、2gまでの軽量なスプーンも扱いやすい。

魚をかけるとティップから、ベリー、バッド、グリップに至るまでうっとりするほどの美しいベンディングカーブを描き、魚とのやりとりを数段楽しくしてくれる。しなやかなブランクながら、ボロンコンポジットされたバッドの粘りは凄まじく、懐の深さを感じさせてくれる。欠点はそのしなやかさ故に、引き抵抗の重いルアーが扱いにくいことである。ウエダのロッドの中でも特にお気に入りの一本。


トラウトスティンガー ボロン TSS-60Ti
Trout Stinger BORON TSS-60Ti
Length: 6’0″ Weight: 67g Line: 2-4lb. Lure: 1-5gr.

2014-07-21-09
2014-07-21-10

スーパースティンガーと非常に近いロッドであるが、全体的にパワフルな仕上がりになっている。ロッド重量が1gしか違わないというのにまるでフィーリングが違うのが面白い。また、最大の違いはティップから曲がるスーパースティンガーに比べて、ベンドカーブの始点が若干ベリーよりであることである。そのため、引き抵抗のあるルアーも扱いやすく汎用性が高い。

フローティングミノーの扱いはスーパースティンガーに任せておき、トラウトスティンガーはシンキングミノーやディープダイバー、クランキングなどでも活躍するロッドである。しなやかなブランクとボロンコンポジットされた粘りの強いバッドは、バラシの多いクランクを扱っている時でもランディング率を高めてくれる。


トラウトスティンガー ボロン TSS-77Ti
Trout Stinger BORON TSS-77Ti
Length: 7’7″ Weight: 102g Line: 4-10lb. Lure: 4-18gr.

2014-07-21-11
2014-07-21-12

本流用のトラウトロッドであるが、主に港湾部のシーバスフィッシングに使用。私はシーバスフィッシングでバイブレーションを殆ど使わないため、快適なミノーイングをするためにトラウトロッドを選んだ。

主ににょろにょろなどのシンキングペンシルを使ったバチ抜けパターンや、ラパラのカウントダウンシリーズを使ったストラクチャー打ちで60cm前後のシーバスを楽しく快適に釣ることができる。

芦ノ湖のウェーディングトラウトゲームなどでも使ってみたいと感じているロッド。


ソルティプラッガー SPS-862SS-Ti
SALTY PLUGGER SPS862SS-Ti
Length: 8’6″ Weight: 136g Line: 4-10lb. Lure: 5-20gr.

2014-07-21-13
2014-07-21-14

発売されてすぐに買った今あるウエダロッドの中では最古参。2001年の発売以来とことん使い倒し、今では腰が抜けてふにゃふにゃになってしまった。イメージとしてはスーパースティンガーシリーズがシーバスロッド向けになったフィーリングに近く、鞭を連想させるほどのシーバスロッドとしては他に類を見ないほどのしなやかさであるため使う人を選ぶと思われる。

港湾部やウェーディングで細身なフローティングミノーを使うことに特化しており、4gほどのルアーもストレスなく投げることが可能なブランクはミノーイングを数段楽しくしてくれる。フィネスという言葉が世にでる前からシーバスにおけるフィネスゲームを牽引してきた時代を先取りしすぎたロッド。

軽量なルアーを投げやすいためO.S.P i-Waverを使った偏食状況の攻略や、にょろにょろなどのバチ抜けパターンで使用することが多い。ボロンこそ入っていないが、今でもお気に入りの思い出の詰まったロッド。


ソルティプラッガー ボロン SPS-962SS-TiEX ’03 Limited Edition
SALTY PLUGGER BORON SPS-962-SS-TiEX ’03 Limited Edition
Length: 9’6″ Weight: 164g Line: 6-12lb. Lure: 5-25gr.

2014-07-21-15
2014-07-21-16

私が思い描くシーバスロッドの理想型。ボロンコンポジットによって従来のソルティプラッガーシリーズに比べ、キャスタビリティ、バットパワー共にかなりの向上を感じられる。このモデルは300本限定で生産されたが、その内の2本が私の手元にある。それくらいのお気に入りである。

ハイシーズンの河川の下流部やサーフなどで主にミノーイングをするために使用。ティップから入りベリーに力が伝わり、最終的にはロッド全体が美しいベンディングカーブを描く芸術品のようなブランク。しなやかで曲げやすいブランクと、長いリアグリップのおかげで少ない力でロングキャストが可能。持ち重りのしない優れたロッドバランスで、一日中投げ続けても疲れを感じにくい。

これを使ってるだけで、釣りが楽しくなるようなロッドである。また、ボロンコンポジットされてシリーズ化された12年型のSS-TiEXは若干調子が変わってしまい私の好みと違っていた。もし手に入るなら是非手に取ってもらいたい完成されたロッドである。


プラッギングスペシャル ボロン CPS-75EX-TI
PLUGGING SPECIAL BORON CPS-75EX-Ti
Length: 7’6″ Weight: 130g Line: 5-21lb. Lure: 6-21gr.

2014-07-21-17
2014-07-21-18

プラッギングスペシャルの純粋なショートレングスモデルと思いきや、どちらかと言うとPro4などのバスロッドに近い印象を受けるロッド。バットが異様に太くベンドカーブがベリーで止まるためバットにパワーが乗せづらい。

私が考えているウエダのシーバスロッドと印象が違うため、一度は手放そうかと考えている時期もあったのだが、釣りの幅が広がり、デイのピン打ちのシーバスゲームや港湾部でのフラットフィッシュゲームなど操作性が要求されるシーンで非常に扱いやすい竿だと気づいた。

また、コントロールもつけやすいためボートシーバスなどでも活躍してくれそうである。あまり出番はないがもう少し使い込んでみたいと感じているロッドである。


プラッギングスペシャル ボロン CPS-902EX-Ti
PLUGGING SPECIAL BORON CPS-902EX-Ti
Length: 9’0″ Weight: 163g Line: 8-16lb. Lure: 5-28gr.

2014-07-21-19
2014-07-21-20

主に大河川や干潟などのランカーシーバス狙いや、穏やかなサーフのフラットフィッシュ狙いに使用。ロッド全体がしなやかで曲げやすく、リアグリップの長さが手伝ってとても少ない力でキャストが可能。優秀なロッドバランスで持ち重りしないことも手伝って、一日中投げ続けても疲れを感じにくい。十分なバットパワーとキャスタビリティでどんなシーンでも活躍してくれる。

ウエダらしさの中に汎用性と扱いやすさが光る、ウエダを初めて持つアングラーにもおすすめのロッドである。


プラッギングスペシャル ボロン CPS112EX ’99 Limited Edition
PLUGGING SPECIAL BORON CPS112EX ’99 Limited Edition
Length: 11’0″ Weight: 225g Line: Max. 20lb. Lure: Max. 45gr.

2014-07-21-21
2014-07-21-22

主に三浦や房総半島のヒラスズキゲームやライトショアジギングで使用。とてつもないバッドパワーとカタパルトから撃ち出されたような圧倒的キャスタビリティを誇る。同じ1oz前後のメタルジグであっても、CPS-902EX-Tiで超えることのできなかった飛距離を悠々と越えていき、40g前後のメタルジグを推定120m以上飛ばすことも可能である。

ティップとベリーの繊細さからは考えもつかないほどのバットの粘りが凄まじく、最新のロッドと比べても遜色のない強烈なパワーを誇り、ワラサクラスなら根がきつい磯でも強引に寄せることが可能である。

この記事を書いている2015年現在では16年も前のロッドとなってしまい、めったに購入する機会もないが現代においても十分一線級で活躍する名竿である。


パワープラス ミッドショア GHS-112 The Final “GHS”
PowerPlus MID SHORE GHS-112 The Final “GHS”
Length: 11’0″ Weight: ***g Line: 25lb. Lure: 2oz.
ufmウエダ解散後の2013年にThe Final “GHS”を冠して製造されたわずか2本のロッドのうちの1本。オリジナルGHSとの違いはガイドがKW&HVガイド仕様となっている。房総半島でヒラマサをメインに見据えつつもヒラスズキにも対応するために買ったロッド。これから使い込む予定です。


パワープラス GT GT-982H Custom By JUNKIE WORKS
PowerPlus GT-982H Custom By JUNKIE WORKS
Length: 9’8″ Weight: ***g Line: 16-30lb. Lure: 1oz-3.1/2ox.
パワープラスGTをフルカスタムしたロッド。2003年にジャンキーワークスさんでカスタマイズされたことを確認しており、ブランクス以外は殆どオリジナルの面影はないが、マッドブラックとブルーのスレッドで非常にかっこよくデザインされている。房総半島で10kgオーバーの青物を本気で狙うために購入した。

最後に

ウエダロッドを使っている人がどんどん少なくなってしまい悲しい限りですが、私は未だにこれ以上と思えるロッドに出会えてないのも事実です。しかし、私のルアーフィッシングはウエダの竿と共にありましたので、たとえウエダユーザーが最後の一人になっても折れない限り、入手できる限り使い続けたいと思っています。

ウエダロッドのレビューとインプレッション」への7件のフィードバック

  1. 自分もウエダユーザーで、解散後他のメーカーのロッドにできません。SPS-ss-tiEX902-03リミテッドは、ハイシーズンのサクラマスに使っています。昨年、釣り場で知り合った方には「ウエダ?聞いたことない。モア○ンは良いぞ!」って言われながら2本上げました。その方は、60㎝ぐらいのニゴイを掛け、ランディング直前に穂先がバキッ!「穂先がよえんだな!」とバツ悪そうに言って帰っていきました。2週間後、また会うと手にはウエダのSPS-ss-ti!「あんちゃん、このメーカー有名だったんだなや。さっきニゴイかげだんだげど、魚暴れね!リサイクルショップの知り合いから聞いで買ったげど良いなや~」ウエダで繋がる釣り人の輪、万歳です。

    1. 最近はウエダを使っている人も少ないですし、知っている人すら少なくなってしまいましたね。
      私も03リミテッドは特にお気に入りで、同様にシーバスのウェーディングかハイシーズンだけにしか使いません。

      お互い難儀な竿を好きになってしまったものですが、長く大切に使っていきたいものですね。

      1. 返信一年近く経ってからですいません。お尋ねしたいのですが、CPS75EX-tiを近くのリサイクルショップで購入しました。サクラマスに合っていると思いますか?すいません。

        1. あくまでシーバスロッドなのでスティンガーシリーズと調子が違いますが、感度は十分あるので重めのスプーンやディープダイバーなどを引くには扱いやすいと思います。

          軽量なミノーを引くのは少し苦手かもしれませんが、小場所でロッドレングスが必要なくパワーが必要な場面では適してるんではないでしょうか!

          私は何用というこだわりがないので、トラウトのウェーディングにソルティープラッガーを使ったりしてますが、使っていて気持ち良いならそれが正解だと思います!

          1. ありがとうございます。もう少しでシーズンインなので頑張ります。スプーンメインなので釣果インプレッション送れたらと思います。

  2. ぐっさん、やりました。40㎝のアメマス、51、63㎝のサクラマス釣りました。63㎝のサクラマスは10分弱かかりました。ロッドは美しいベントカーブを描き、ランとジャンプのショックを受け止めてくれました。ガイドは軋み音をたてましたが最高の釣果となりました。まだまだ釣りますよぉ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。