磯釣りにオススメ!ユーザー目線のウェットスーツ!

2016年の釣行は1月から6月までは主にバスを追いかけ、7月以降は房総半島に青物を求めて釣行することが多かったように思います。

磯での釣行は夏はラッシュガードにフローティングベストでよかったのですが、冬となるとウェットスーツの着用が必須となります。現在、私が着用しているウェットスーツがなかなか良いのでご紹介させていただきますね。

オススメウェットスーツ

モルゲンスカイ セミドライウェットスーツ5mm
MORGEN SKY Semidry Wetsuit 5mm

驚愕の低価格というに相応しい値段ながら、釣りで使う上で何一つ不満の出てこない素晴らしい商品です。釣り具メーカーのものが3万円以上するのが相場である中、1万円台でこの性能は価格破壊もいいところ。

こいつはまじでいい

ウェットスーツまでフル装備状態のくによし君です。不審者以外の何物でもありませんが、このウェットスーツまじでいいんです。

まず特記すべきは、恐ろしいほどの着脱のしやすさです。私は昔、スキンダイビングを楽しんでたことがあるのですが、ウェットスーツは本当に着脱がめんどくさいものでした。しかし、この商品はするするとスムーズに着脱することができるのでストレスがありません。

磯と磯との間を泳いでも水があまり入ってこないセミドライ構造なのも非常に嬉しいところ。多少の水が入ってきても密閉性が高い5mm厚のネオプレン素材なので北風に身を切られても保温性は高く体が冷えにくいです。

5mmの素材ながら動きやすさにはなんら問題はなく、ライトゲームで重ね着している時よりも遥かに運動性能も優れています耐久性に優れた膝パッド錆びにくいファスナー素材など本当によく考えて作られています。

そして、この製品の何よりの魅力はユーザー目線に立った商品作りをしているメーカーの姿勢と言えるかもしれません。購入者の意見を取り入れ、ファスナーの素材を変更したり、首回りのレイアウトを変更したりと、改良を重ねているようです。

一つだけ不満を挙げるとすれば、ファスナーの紐がほつれたくらいなものです。


これはライターで熱処理して問題解消

この値段でこの完成度の高さは凄まじいものがあります。真冬のサーフィンで耐えれるほどの商品ですから、釣りでは十分すぎるスペックと言える超オススメできる商品だと思います。

コメントを残す