厳寒期はライトゲームに!気軽に楽しく釣果は固く!

貧弱になったワームボックスの中身が豪華になったので、あだち君と一緒に横浜のホームグラウンドを訪れてライトゲームを楽しむことにしました。

釣行したのはメバルがスポーニングシーズンで大きなのは深場に落ちたかなと思われる時期なのですが、ナイスサイズは出るかな?

ライトゲームは癒し

寒いと魚の活性と共に人の活性も下がり釣りに行く頻度も下がってしまうものですが、カサゴとメバルはいつでも釣り人を楽しませてくれます


レギュラーサイズのカサゴとメバル。1月から2月の厳寒期でもこのサイズなら釣果は硬い。プルプルと心地よいあたりを取るのはこのゲームの醍醐味ですね。


この日はまだどちらかというとメバルが多め、なんかのソイっぽい魚も釣れました。

ナイスサイズも登場!

前回の釣行時は大きなサイズをある程度狙えた時期だったのですが、今回の釣行ではでないんじゃないかなーと少し諦めもありました。しかし、根周りを丁寧に誘っている時に強烈なアタリが!

まだいたよ!ナイスサイズプリスポーンメバル!これは産卵寸前の魚体でかな、物凄いプロポーションのよさ!

素早く撮影してリリース。ヒットルアーは尺ヘッドDXの1.5gにペケペケのオキアミネオンのいつもの組み合わせ。

ナイスカサゴも登場

知り尽くしたホームグラウンドのため、有望ポイントを次々に打っていきます。要所要所で魚からの反応があり、飽きずに楽しませてくれる。

あだち君もレギュラーサイズをかなりの釣っているようで、数をたくさん釣るうちに大型のカサゴも一本混じったようです。

このカサゴもプリスポーンですね。どうやら、産卵に関わる大型魚体は軒並み深場に落ちているようで、産卵が遅れてる個体が少し残っている印象です。

これからどうするか?

これから、寒さが厳しくなるに釣れてライトゲームも少し難しくなります。前回と今回の釣行から分かるように、産卵に関わる大型魚体は深場に落ちて、3月になって水温が上がるまで戻ってきません。一見して水温変化が少ない海の中でも確かに季節は過ぎて行くわけですね。

11月、12月は根魚においても大きな魚を狙って釣りやすかったのですが、これからの時期は大型を釣るに何が必要なのか? そりゃ決まってるでしょ!

使用タックル
ロッド ufmウエダ Pro4EX SW レーシング フィネス ボロン FTL-78EX-R(改)
リール シマノ 12 レアニウムCi4+ C2000HGS
ライン クレハ シーガー フロロマイスター 0.8号 / 3lb

コメントを残す