厳寒期でもいいサイズ! 信頼できるポイントを打つ!

今年は冷え込んだり急に暖かくなったりと気温差の激しい日が多いですね。寒い季節でも釣り場に通うみなさんはいい釣りできていますでしょうか?

どうも、私は年が明けてからまだいい釣りというのができてませんが、横浜のホームポイントにて寒い時期でもアベレージを超える根魚を釣ることができましたので、そのレポートになります。

有望ポイントを叩く

私たちのライトゲームは半分くらいの釣行が同じポイントです。知り尽くしたポイントで気軽に楽しみたいのはもちろんのこと、季節の移り変わりを察知しやすいのがメリットです。

このブログのライトゲームの記事をご覧頂けてる方はライトゲームにおいて私たちが釣る魚の変化を見取る事が出来るはずです。最盛期はいい魚を連発したりもしますが、厳寒期には数は出てもいいサイズの魚を釣る事は難しくなります

そんな季節でも大きな魚を出すためにはとにかく有望なポイントを叩く事じゃないかなと感じています。釣りを長くしてる方ならわかるとおもいますが、いい魚は一級ポイントにいる事が多く、1投目、1匹目に釣れる事が多いものです。

寒くてもいいサイズは出せる

どこからがいいサイズというのかは地域によって違うと思うのですが、この時期の横浜では20cmを超えればまあ満足25cmを超えれば立派な根魚です。尺なんて幻だ。1000本釣っても混じるかどうかは運次第。

というわけで、あだち君と二人で有望ポイントを叩いていきます。根回りや流れの効くところ、ブレイクラインなどを攻めていきます。

どどーんと、あだち君が釣り上げたナイスサイズのカサゴ

あだち君がナイスサイズをもう一本!あだち君は寒くなると重めのジグヘッドとガルプのサンドワームの組み合わせで、彼しかわからない根周りを慎重に攻めてナイスサイズを毎年出している。

これは私が釣ったナイスサイズのカサゴ。斜めに崩れて行くテトラと砂地の境目のボトムを通したら一発で食ってきた。何回も通って何回も根がかりしたからこそ、どこまでテトラが入っているかがわかる。会心のドヤ顔です。

当然ながら小さいサイズも混じりました。

できたら、大きなメバルも出したかったですが、この日は二人で15本くらい釣ってナイスサイズが3本出ました。有望ポイントをバスフィッシングのように打っていって全部回ったらストップフィッシング。

釣り場に通ってポイントを知り尽くせば、辛い時期でもいい釣りができるもんですね。

使用タックル
ロッド ufmウエダ Pro4EX SW レーシング フィネス ボロン FTL-78EX-R(改)
リール シマノ 12 レアニウムCi4+ C2000HGS
ライン クレハ シーガー フロロマイスター 0.8号 / 3lb

コメントを残す