アブガルシア レボ LV7 インプレッション!

あだちです。夏も真っ盛りでフィールドは春に見られたナイスサイズのバスは釣りにくい季節ですね。

これからはいかにしてアベレージサイズを避けてデカバスに辿り着けるかという楽しみ方が出来ますね。

話題の新製品!レボ LV7 を買ってみたよ!

そろそろ年明けに購入したレボLV7をかなり使い込んだのでセカンドインプレッションを書いてみようと思います。

抜群のキャスタビリティ

現在、レボLV7と組み合わせて使用しているロッドはジャクソンのスーパートリックスター610Hです。はっきり言って千葉のリザーバーではかなりオーバーパワーで私の用途はヘビーカバー用です。

そんなパワフルなロッドに小さくなった新型のレボLV7を初めて装着した時は、あまりのアンバランスな見た目にやらかしたかもしれないと思ってしまいました。

しかし、この組み合わせは使い込んでみるととても快適なものでした。

まず、今までより離れたところからカバーを撃てるようになりました。

どういうことかというとアンダーキャストした際に後半の伸びが抜群に良いんです。離れた場所から正確なキャストが出来るというのはハイプレッシャーレイクで大きな武器になりますね。価格は控えめならが、飛距離に関しては十分すぎるものでした。

小さくてもパワフル

とある大雨の日に片倉ダムへ行ったら満水位を超えた増水で激流になったことがありました。

数年前、ぐっさんが雨の日に増水した上流で釣ってる動画があるのですが、その時とは比べ物にならないほど増水していて激流と呼ぶにふさわしかったです。

そんな流れの中でナイスサイズが連発したのですが、流れにのった魚体はめちゃくちゃ走ります。しかし、LV7はボディが小さくなったことでパーミングしやすくロッドが握りやすくなったことで、濁流の中でもゴリゴリ巻いてキロフィッシュも抜き上げてました。

ギアの耐久性は不明ですが16lb/85m巻けるキャパがあるので琵琶湖などでも十分使えそうです。ちなみに私は14lbを80mほど巻いて使ってますが片倉なら12lbで十分だと思いますよ。

アブは防水性が低い?

大雨の中で釣りをしてたらハンドルが逆回転してしまう不具合が頻発しました。以前書いたレボMGXのハンドルが逆回転してしまう記事と全く同じ症状です。

しかも4年以上使用してる旧レボLTにも同じ症状が出てしまい、帰宅後に乾かしてみたら治りました。

調べてみるとワンウェイクラッチという部品に異物が入って起こる症状のようで、恐らくここに雨水が入ったものと思われます。

初期不良なのかたまたま外れを引いたのかは分かりませんが、雨の日に釣りをする度に思い出してしまいそうです。

ちなみに修理対応してもらったMGXはあれから絶好調で、少し後に買ったあLXも問題なく使えてます。

総評

とにかく使いやすいリールなので初心者でも釣りが楽しくなると思います。巻物用やビッグベイト用のロッドにつけて使ってみたいですが撃ち物用としては想像以上でした。

公式ウェブサイトで小森プロが絶賛してる動画があるので気になる人は参考にしてはいかがでしょうか。不具合に関してはもうちょっと使ってみて再び同じ症状が出たらメーカーさんに送ってみようと思います。

コメントを残す