ステラと同じデザイン!ビッグゲームサポートグローブ インプレッション!

私は昔からショアジギングをするときなんかはオシア・クロロプレンオフショアグローブというものを愛用していました。

オフショア用に開発されたものですから、グリップは抜群に良いですし、重たいものをぶん投げても人差し指が痛くならないので、それはそれは重宝してました。

あまり記憶にないですが、3回は買ってるはずのお気に入りのグローブなのですが、房総半島に通ううちにどこかで落としたのかなくなってしまいました。

新発売のグローブがあるらしい

なくなってしまってはしょうがないと、Amazonで同じものを買おうとして「オシア グローブ」で検索すると見慣れぬ商品がヒットしました。どうやら2017年3月にシマノのオフショア用グローブがフルモデルチェンジしたようなのです。これは、釣具屋に行って現物を触るしかないと見に行ったのがこちら。

シマノ オシア・ビッグゲームサポートグローブ
Shimano OCEA Big game Support Glove

釣具屋さんで触ったら今までのグローブより明らかな改善があると感じたので、即こちらに乗り換えになりました。私が不満に思っていたところなんかも改善されてるようです。というわけで、簡単なインプレッションの紹介になります!

人差し指がカンガルー革に!

キャスティングの時に重たいルアーをフルキャストすると右手人差し指にかかる負担は尋常じゃありません。私は皮膚が弱いのか昔から人差し指に対するプロテクターを愛用しているのですが、オフショア系のグローブはこれがくっついているのがありがたいです。

あまり深く考えて使って来ませんでしたが、どうやら今まで使ってたグローブは人差し指の部分が人工皮革だったようで、長いこと投げ続けると人差し指の部分に穴が開いてしまうことがありました。これが、新しいグローブですと、天然カンガルー革となっており圧倒的な耐久度の高さになっているようなのです。

クロロプレンオフショアグローブを使ってた時は人差し指の部分に穴が開いて買い替えなんてこともありましたが、人差し指にカンガルー革が採用されたことによって非常に長く愛用できそうですね。

指の間にパッド入り

重たいロッドとルアーで投げ続けると指と指と間に掛かってくる負担もなかなかのものです。1kgを超えるタックルを何時間も振り回すわけですから当然と言えば当然ですね。

腕や肩なんかは筋トレで比較的鍛えやすい部署ではありますが、指というのはなかなか鍛えるのが難しいものです。ですが、このグローブは指と指の間にパッドが入ってます。

私は薬指と小指の間にリールフットを挟むのですが、長時間キャスティングを繰り返すと小指の付け根が痛くなってしまうことがありました。

グローブで改善できると思っていませんでしたが、パッドが入っていることによって負担はかなり軽減されそうです。

挟み込んで見ると明らかに指への優しさを感じられる仕上がりになってました。これは非常に嬉しい。

また、ここは好みが分かれる部分でもあるので、間にパッドが入っているのを嫌う人には同時発売のオシア・ビッグゲームキャスティンググローブというものが、同等製品でパッドが入ってないものになっています。

デザインも洗練!

手の甲のデザインはメッシュになっており伸縮性が高くて握り込んでも違和感を感じにくいですね。

指が透けるくらいにもかかわらず、耐久性においてもしっかりとした印象。今までのクロロプレンのモデルに比べて夏でも快適に使えそうですね。

デザイン面でも嬉しいアップデートがありました。ステラSWとデザインが一緒なんです。

シマノはユーザーの気持ちをわかってますねぇ(笑)

ロッドにつけて握りこむとこんな感じです。非常にかっこいいです。

これは非常に良い!

今回のこのグローブはシマノのルアー担当の方が長期にわたるテストの末、ステラのデザインを身に纏うのにふさわしい性能のグローブと言うくらいのので相当の自信作なのでしょう。

私としても、人差し指のプロテクターの耐久度アップ指の間のパッドの追加夏でも蒸れにくいメッシュデザイン、そしてステラと同じデザインと今までのグローブより明らかに快適に使うことができそうです。

外房のロックショアゲームや相模湾のオフショアのマグロゲームにこれを使ってみましたが、不安点など見つかるはずもなく、かなりのお勧めできるグローブあることに間違いありません! パッド入りとパッドなしが発売されてますので、気になる方は是非チェックして見てください!

コメントを残す