菅沼にてエレキで爆走しながらトラウト狙ってきたよ!

超久々しぶりの更新になってしまいました。釣りに行くのに忙しすぎて、ブログが更新できない日々が続いております。

時を遡ること半年くらい前になりますが、もっと釣り街道のytkampffps_0氏に誘われて群馬県の菅沼にレインボートラウトを釣りに行った時のお話です。

これが文明の力だ

さてさて、透明度13mと本州では最も透明度の高いといわれる菅沼でレンボートラウトの実釣開始です。

朝一は天候に恵まれなかったせいか、7月下旬というのに震えるほど寒いのですが、その分魚の活性は高いようであちらこちらでライズしていて期待感が高まります。

菅沼といえば手漕ぎボートによるトラウト狙いが有名ですが、私にはバス用で用意したエレキ一式と小型船舶免許があります。

準備はめんどくさいですが、一度セットしてしまえば移動は楽々、バスで鍛えた操船テクでポジションキープも楽々なのであります。

しかし、ガチ手漕ぎ勢は56lbエレキ並みの速度で湖面を移動しており、だいぶびっくりしました。

朝一のチャンスタイム

バスだとカバーとかブレイクとかめがけて投げるもんですが、湖のレインボーは幽霊のように神出鬼没であちらこちらでライズしていてどこに投げればいいかよくわかりません。

とりあえずライズしているので、シングルフックに置換したデュオのレアリス 小真虫なんかを投げているとドッカーン!と60cmオーバーのナイスサイズがヒットしましたが、手前でバラしてしまいました。

同船している、ytkampffps_0氏も苦戦しているようで、まずは型を見ようとフォレストの鉄板中の鉄板スプーンであるMIU 8gのアワビ張りカラーに変更して、ライズしている方向に向かって投げまくるとヒット!

管理釣り場ではなかなかお目にかかれない、ヒレピンの綺麗なレインボートラウトの登場です!

お気に入りのルアーで

朝一に一本ゲットしたところで、エレキの機動力を生かしてあちらこちらを叩いていきます。時折、レインボーが泳いでいたりチェイスしてくるのですがなかなかヒットには至らず。

バスで大変お世話になっているO.S.Pのヴァルナををひたすら岸沿いに投げてタダ巻きを繰り返すというバスを狙っているかのようなスタイルでボートを流して行くと…ミノーに来たー!

少々痩せていますが、これも綺麗なレインボートラウトをゲットです!

ヒットルアーのヴァルナはソルトウォーターのモデルでフックをカルティバのエリモンに変更してあります。完成度の高いルアーはバスに、シーバスに、トラウトにとなんでも使えますね!

この後も、休憩をはさみつつ菅沼、丸沼を見て回りましたが、丸太のようなイトウを目撃した以外に収穫はなくストップフィッシング!芦ノ湖以外で湖トラウトやるの初めてでしたが、まったりした雰囲気はよく、釣果も得られて楽しい釣りになったのでしたとさ。

ちなみに、この日の釣行記はもっと釣り街道で詳しく書かれてますので、そちらも合わせてどうぞ!

コメントを残す